2016 Gadgets Awards

2016年(勝手な)ガジェット大賞! 今年も自分で買った、これは使える!から、あらら残念、果ては、未来過ぎてまだ早かった!ものまで、2016年のランキングです。 ちなみに勝手なランキングを過去三、四年やってる気がするのですが、ログとしては、 2014年は、Google AutoAwesome, Surface Pro, Line Stamp Markeでした。 2015年はソニーのMESH!でした。 という事で、2016年は、、、 ところで、皆さんKickstarterって知ってます? 使っている方は、もう古いよ、と言うかもしれませんが、2016年私が買ったものはほとんどここからでした。もうアマゾンやビックカメラなどに魅力的なものはなく、買う気がおきません。 私の中ではキックスターター経済が回っています。 http://Kickstarter.com は元々、アートや映画など資金がない個人が、それに賛同する人達からお金を集めて、何かを作る、いわゆるクラウドファンディングの先駆け。その後、電子機器やIoTの流れに乗って、個人(又は小さな会社)が作ったものを世に出す機会になり、 キックスターター長者(又はキックスターター倒産)などが生まれました。 私は、2014年くらいから面白いプロダクトはないかと、時々覗いていて、良さそうなものに出資(というか先行オーダー)していました。 もちろん、まだどこにもない、ほとんどアイディアだけのものもあるので、お金を入れても、期日通りなかなか届かない(通常数ヶ月遅れるのは当たり前)、生産に至らない、果ては倒産、又は他から買収、なんてのもあって、変なものにお金を出したくない人にとっては、意味がないものかもしれません。 ただ私は逆にそれがやめられない。スウェーデンやアメリカの片隅で、名も知らない若者グループが一生懸命作っていて、時々防水テストが上手くいって予定通り届けられそうだよ!とか、最後の最後で致命的な生産ミスがあって、もう一度作り直している、1ヶ月だけ遅れる、とか、そういう生々しいメールが忘れた頃にやってきます。そういう、一緒に作っている感、何か応援したくなる気持ちも込めて、 本当にこれ届くんかなという嫌疑と共に生暖かくキックスターター使っています。 そのキックスターターで買ったモノ達の中でも(未だ発送待ちのものもあります)、2016年は様々な事がおきました。ということで、2016年のガジェット大賞はキックスターターで買ったこのモノ達! そのストーリーにも注目です! それでは、2016年ランキングの5位から #5 Narrative (自動撮影カメラ) こちらは2016年に買ったものではなく、2014年のランキングに書いたものですが、服やバッグなどに付けておくと30秒に一回写真を撮ってくれて、大事な瞬間を逃さない、思い出を記録し続けてくれる小型カメラです。 ですが、、、その時のレビューにも書きましたが、付ける位置が難しい、ある一瞬を撮れたとしても画像、画角がイマイチ、大量に撮れ過ぎて整理出来ない、などちょっとトホホな製品で、故障した後長らく使っていませんでした。 そして、突然のメールが、、、 あらら残念、2016年の10月末で製品もサービスもやめちゃうみたい。。ウェブにアップされた写真をダウンロードしておかないと、その日以降はサーバー無くなっちゃうし、会社も倒産しちゃうみたい。。 まあ、もうほとんど使ってなかったので、どうでもよかったのですが、まあ写真は削除しておこうかなと思っていました。 そこにシャットダウン翌日にもう一通のメールが! 新たな買い手が現れて、サービスを止めないで済んだ。我々現マネジメントチームは去るが、皆さんに迷惑はかけずにすんだ。ありがとう!みたいな。。 まあ、でもよかった。このスウェーデンかどっかの若者たちは、プロダクトも作ったし、約2年頑張ったけど、何らかの理由で立ちいかなくなって、ギリギリの所で他の買い手に引き取ってもらった、みたいな。 こんなストーリーがリアルタイムでみれるのも、キックスターター製品のいいところ?ですね。 それにしても、ちょっと身につまされます。。 というか、長くなり過ぎたので、頼んでも届かないキックスターター残りのベスト4は次の記事で書きます! メリークリスマス!