MeshBot Kit

MESH Raspberry Pi Hubを使った遠隔操作ロボット MESHラズパイ版をいち早く使った、MESH全ての機能を使い倒した二足歩行お喋りロボ  話題のMESH Raspberry Pi Hub (テスト・フライト版)を使った、MESHの全ての機能を使い倒した二足歩行お喋りロボットです。   MESH RasPi Hub ラズパイ版MESHはこんな感じ: MESH Appはそのままに(タブレット上で動く)、レシピをラズパイに保存、遠隔から操作できる! ラズパイの複数運用、常時接続、よりIoTっぽく! これまでのMESHだけではできなかった、こんな事を実現しています: Raspberry Pi上で稼動ロジックが動くようになったので、二足歩行ロボなど小型化が可能 Raspberry Piをロボットに内蔵することにより、スマホ無しでロボットを操作 安価なので、複数Raspberry Piによるシステムを組める Raspberry Pi自身にAI会話機能(Google Assistant, Docomo API)を載せ、音声による操作が可能に 遠隔地のタブレットなどから、ロボットの状況(Raspberry Pi Hub)を確認、ロジック変更などができる MeshBot – MESH Raspberry Pi Huib from Kenichi Yoshida MeshBot/メッシュ・ボットには、こんな機能があります: MESHの形を模したボディに、ラズパイと6つのMESHタグを装備(GPIO、人感、LED、ボタン、温湿度、明るさ) MeshWatch(ムーブタグ)を振る、又は手を握ると(ボタンタグ)、目を光らせ、腕を振って、前後に動く 胸についた人感タグにより、人を検知し、帰宅のタイミングなどでお出迎えしてくれる ラズパイ上のGoogle Assistantに話しかける事により、IFTTT経由で操作が可能 音声、Twitter、LINE、タブレットなどで、部屋の温湿度や明るさを調べる事ができる。それをTwitterなどにIFTTT経由でアップし、確認できる 部屋の温湿度や明るさなどをGoogle Spreadsheetにアップロード、時系列情報を記録できる 玄関でメッシュボットがお出迎え、リビングの別のラズパイ・ハブで、リビングの電気や、テレビなどが自動で付くホーム・オートメーションも実現 今後の展開として、このシステムをビジネスにするあっと驚くリーン・キャンパス、書きました!    MeshBot […]