Line Boot Awards

LINE BOOT AWARDS、今まで一番盛り上がって、賞まで貰ってありがとうございました! 11/10(土)@LINE本社で行われたボットと音声スキルのコンテスト”LINE Boot Awards”を振り返ります。 まずKtrips 吉田 顕一チームでは、以下2作品が選ばれて、当日ファイナルに参加しました。 読みの神Skill & Bot (応募リンク) グランプリファイナル候補 うちの神Skill & Bot + Clova Camera (応募リンク) エンジニア賞候補 今回のコンテストでは1125作品もの応募!があったらしいです、そんなコンテスト見た事ない!皆さん、1000万円の賞金に目がくらんだのか(もちろん私も!)、インドネシアやタイなど海外も含めてやった大規模の大会だったからか、事前のハッカソンやイベントも多数あって、すごいコンテストだったと思います。 4000人の参加者がいて、 1125のプロジェクトが生まれた、とのこと。#linebootawards pic.twitter.com/XUkb6U7zz5 — you (@youtoy) November 10, 2018 その中から、1チーム(一人チームですが、、)から2つが選ばれたのはおそらくこれだけじゃないでしょうか。。正直、選んでもらっただけで嬉しかったです。 ただ一瞬振り返りたいのですが、思い返せば1年半前の2017年2月第一回のLINE Bot Awardsでは、七福神になぞらえて以下3作品を出していました。(2017年の事はこちらにまとめています。) 神采配のサイちゃん > ウェブサイト チャッと議事録ボット > ウェブサイト こぐまのIoTボット ただこの時は、どれもファイナルに呼んでもらえず、さすが皆さんのレベルが高いのかなあ、まだまだ足りないなあ、と嘆いたものです。 ちなみにこの時、何でもやってくれる系BOTのサイちゃんを作る中ググっていたら、この「いもうとBOT」をよく見させてもらって、正直すごいなー、こんなに機能あったら、僕が別に作ってもしょうがないや、と半ばあきらめ気味でした。そうしたら去年の時点で、この「いもうとBOT」もファイナル進めなかったとの事、ほんとにレベルが高かったのを見せつけられました。(→その後、今年のAwardsではいもうとBOTは快進撃を見せるのは、のちほど) そして今年の作品作りにあっては、去年の反省から、以下の事を考えました。 本当に役に立つBOTやSkillを作る事 → 面白いだけじゃダメ 実際使う人に色々やってもらってフィードバックを得る → 使用感、ブラッシュアップ LINEならではのアドバンスを使う → Clova SkillとLINE Botの連携 先進的、新機能などと融合させる → LINE LIFFやTensorflow機械学習など という事で、実際に役立つものをという事で、子どもや家族に意見を聞いて、新たな七福神ラインナップとして「読みの神」と「うちの神」を光臨させたわけです! ということで、ここからは当日の流れにそって説明します。 「読みの神」ファイナル展示審査 まず11/10(土)当日9時に新宿ミライナタワーにあるLINE本社にチェックイン!素晴らしいオフィスですね~   ここで、1チームに付き一つ会議室を割り当ててもらいます。ここを自分のオフィスにして、11:30から2時間、審査員及び来場者の方にデモをして投票してもらいます。 こんなオフィスを、、、   […]