Kobots (3.5) 500ドル・パソコンから5ドルAIへ

当時私は、渋谷の本屋で立ち読みしていました。 私は(今もそうですが)特に何のとりえも無く、就職先探さなきゃなあと漠然と不安を抱えていた学生でした。その時に何故か手に取ったのが、マイクロソフトやアップルをなぎ倒す革新的企業がある、というような本でした。 そこにはこう書かれていました。 500ドルのパソコンが世界を変える ふーん、パソコンの値段が変わると、生活ってそんなに変わるのかなあ。当時は、時々学校に行って、そこにあるパソコンをさわれれば、それであまり生活上困ることはありませんでした。 そしてその時、構想されていた(実際の出荷はどれだけあったんだろう。。)500ドル・パソコンのスペックはこのようなものでした。 CPU: Intel80486(クロック数100MHz)、メモリ: 8MB、ネットワーク: 64 – 128 kb/s 当時(1995年)に一般的だったパソコンは、Pentiumの200MHzで価格は30万円ほど。確かに値段は画期的でしたが、500ドル本当にできるんだろうか。そもそもそんなにコンピューターって必要なんだろうかとも思っていました。 そして2016年に発売された Raspberry Pi Zeroの価格は$5、CPUは1GHz 当時考えられていたぎりぎり500ドルでできるパソコンと比べると、20年で価格は$500→$5で1/100、性能は100MHz→1,000MHzと10倍になったんですね。Raspberry Piの場合、メモリは別で用意するのでもうすこしコストがかかりますが、当時8MBのメモリは1万円くらいしましたから、今は8GBで500円くらいなので、性能は1000倍、価格は1/20というその進化もすごいですね。 またサイズも、当時のPC-98は50cm四方ほどの大きさだったのが(これはあまり今も変わらないですね)、Raspberry Pi Zeroは1 cm × 5 cmほど。 何が言いたかったのかというと、ある一定の価格とサイズが小さくなると、それは生活の中にあまりに溶け込んで気づかないくらいになる。その流れを見通すのが大事なんだな、と。 当時は、研究室や会社に鎮座していたコンピューターが、今やその何倍もの性能のものがそこかしこにある。 ネットワークやAI機脳備えたロボットのようなものが生活に溶け込む。これをおさえない手はないですよね。 これを最も上手くやったのが、当時は最も潰れそうだった会社Appleです。 Appleも色々試行錯誤して、当時は話題だったこんなNewton(1995年当時、価格は1,000ドル以上、大きさはiPad Pro並み)という端末を出したり、Appleを追い出されたあとのJobsが立ち上げた会社NEXTは500ドル・パソコンに近いものがありました。 しかしもちろん皆さんご存知のように、最大の変革は、iPhoneを世に出したことでしょう。 iPhoneの凄さは、 子供から大人まで全ての人にUNIXコンピューターを配った ということではないでしょうか? では、これからの変革は何か?このRaspberry Piのようなものが全ての人に行き渡ったら? そもそもこのRaspberry Piはハードだけでなく、ソフトウェアの進展が目ざましいのです。 この小さな板の中に何が入っているのでしょう? それは、人の顔の写真を撮って、誰だか認識する機能であり、 もっと具体的に言えば、Google画像検索とAmazon言語認識と、分からない事を聞けばすぐに答えてくれるインターネットの全ての知識に繋がっているのです。 つまり、 全ての人が自由に使えるAIロボットを配ったら これで世界は変わるでしょうか? まずはやってみましょう!

Kobots (3) KoBrain – Raspberry Piで画像認識、お喋り機能

Kobotsの作り方第三回、KoBrainロボットの頭脳部分です。 Kobotsって何? KoBlock – Wio Nodeを使ったロボットの手足の作り方 KoBrain – Raspberry Pi Zeroを使ったロボットの頭の作り方(この回) KoApp – アプリを使って、ロボットの動き、しゃべりのカスタマイズの仕方 Kobook & Future – 今後の応用、展開について Raspberry Piで画像認識、お喋り機能を作っていきます。 KoBrain部品 フリスク空き箱 200円 Raspberry Pi Zero 約800円 Micro SD 8G 約1,000円 Raspberry Pi Zero Camera 約2,000円 (又はPi Zeroカメラケーブル+Raspberry Pi Camera 約3,000円 ) Raspberry Pi Zero USB拡張ユニット 約1,200円 (又はマイクロUSB拡張ハブ 約1,500円 ) Wifi USBドングル 1,000 – […]

Kobots (2) KoBlock – Wio Nodeを使ってロボットを動かそう!

Kobots作りの第二回、まずは手足、ボディとなる部分を作っていきます。 Kobotsって何? KoBlock – Wio Nodeを使ったロボットの手足の作り方(この回) KoBrain – Raspberry Pi Zeroを使ったロボットの頭の作り方 KoApp – アプリを使って、ロボットの動き、しゃべりのカスタマイズの仕方 KoBook & Future – 今後の応用、展開について ロボットの手足、ボディとなるKoBlock(コ・ブロック) このKoBlockは、マイコンとしてArduino互換のWio Nodeを使っています。1個のフリスクケースにWio Node1つ、サーボモーター2つを入れて操っています。 KoBlock部品 必要な部品は以下のようなものです。それぞれ、秋葉原の千石電商などで買う事ができます。リンクがついていますので、必要に応じて調達して下さいね。 フリスク空き箱 1個 200円 サーボモーターMiniS 約900円×2個 WIO NODE 約1100円 リチウムポリマー電池 約1,200円 磁石×2個 100円 (切り替えトグル・スイッチ 100円) 2mmのねじ等 100円 トータル 約4,500円   KoBlockの作り方 上記の部品をフリスクケースに入れていきます。 まずフリスクケースをこのようにカットします。横に2 mmのネジが通る穴を空けます。(ケースの裏側の方を使うと、横にサーボモーターをネジ止めしやすいです。) フリスクケースは、このサイズのサーボモーターやWio Nodeがぴったりはまる大きさになっていて、ちょうどいいですね。 プラスチックの素材も、大き目のカッターやはんだカッターで切れ、かつ耐性もあってちょうどいい固さです。   その中にサーボモーターを横にはめていきます。2 mmのネジで留めます。 反対側にもサーボモーターを付けます。 […]

プレミアムフライデー!に思う、自由って??

プレミアムフライデー! といっても、うちのチームは、仕事が終わればいつ帰ってもいいという曖昧な運用なので、まあ帰ってます! ただふだん、昼の仕事10時間、別腹残業8時間なので、こういう日は昼8時間、夜10時間という感じで、あまり変わりまセン。。まあ働き方改革は気持ちの持ちようです! 全然関係ないのですが、 昨日は散々な日で、チャリ通中に4回もパンク なので、地べたに座って直しながら道行く人を眺めてちょっと思いました。 うちの近くに幾つか私立高校があって、その子達のスカートの丈が気になっています。(ごめんなさい、完全におじさんです!) 一つは共学でむちゃくちゃ自由でとにかく短い! もう一つは女子高ですごーく地味でとにかく長い! うちの子には、絶対自由な方に行って欲しいなあと思っていたのですが、別の友達から聞いた話でちょっと考えちゃいました。 その子曰く、そういう短いとこは、その同調圧力に耐えられればそっちの方がいいけど、そうじゃない子たちはキツい、と。 確かに。。よーくその自由な方を観察してみると、特にこの4月の時期、あるグループは駅前で友達を待ち、あるグループはパン屋の前で待ち、ある子達はコンビニの前で待ち、と、たった数百メートルの通学路なのに、そのグループ、グループで、みんなほぼ同じかっこをして(グループ毎にスカートの色、長さに濃淡がある)連れ通学してる。 つまりカッコだけみるととっても自由そうなのに、それぞれグループに属するだけの脂質と協調性がないとついていけなそう。それに引き換え、ジミーな女子高の方はとくに待ち合わせをするでもなく、信号待ちであった子たち同士で、適当に挨拶しながら、それでもジミーに通学してる。 まあ人間はいつになっても、連れション、グループ抗争ってのはあるのでしょうが、外から見ると、それって誰得なの??という、せまーい闘いを繰り広げている。。 これってどっちが個性と自由といい関係を築いているんだろう、完全におじさん目線で、そういうの経験してる人達からすると当たり前かもしれないけど、ちょっと考えちゃう。 それで、昨日の晩に戻りますが、三回目のパンクが霞ヶ関で起きて、そのまま座り込んで直していたら、財務省前からわらわら帰る人達が、大丈夫ですか?何か手伝いましょうか?と普段はマシーンのようなMOFの人達がとても優しく声をかけてくれて、すっかり和みました。みんな個人個人はいい人達なんだろうなあ、と。 で、かたや国から言われないと(言われても?)みんなの目が気になって、 早く帰れない、僕ら。。 これってムラ社会だから、しょうがない? まずは働きかた改革じゃなくて、連れション撲滅運動ですね!

Line Chat Bot こぐまのこぼっとIoT

こぼっとは、こぐま(しろくま)の形をしたロボット。 両手両足にモーターがついていて、リモートで動かすことができます。 体の中には各種センサーが入っています。 そして、あたまにはカメラと人の話を聞くマイク、そしてスピーカーが内蔵されています。 ↓ まずは、ボットの友達追加はこちらからお願いします ↓ では、Lineから指示を出してみましょう! こぼっとがうごいている動画はこちら。 こぐまのこぼっとができること Lineボットを通して、こぼっとは以下のような事ができます! 今日の天気をチェック お部屋をチェック 室温、湿度をチェック 空気清浄度/エアクオリティ エアコンをつける テレビをつける 電気のオンオフ 誰かいるかチェック 人感センサーで部屋に人がいるかチェック カメラで、室内撮影 音を出す、話しかけてみる 室内の動物などをチェック ビーコン検知 こぼっとに近づいたら、Lineでお知らせ ビーコン(頭部に内蔵)を子供に持たせて、子供が離れたら/迷子になったら、Lineにお知らせ (現在のところ、ビーコン機能以外は、同一内LANでの通信になりますので、外部インターネットからはつなげません。どこかでデモをお見せします!) こぼっとの技術的詳細 ロボットとしてのこぼっとの詳細はこちらKobots.netにまとまっています。 両手両足の稼動部分は、ESP8266からWifi経由でサーボモーターを動かしています。 稼動部以外に、DCモーターがついた、車やタンク型のロボットになるモーターブロックもESP8266+Wifiで動かしています。 頭部には、Raspberry Pi Zeroに、RasPi Camera、小型マイク、小型スピーカーがついています。 Lineボットからの指示はhttp通信により、直接ESP8266を動かしています。(現在のところ同一Lan内のみ) 頭部のRaspberry Piからも、お話対応やセンサー情報を元に、各ESP8266に指示を出しています。(この部分はLineボットとは関係なし) 頭部のRaspberry PiにLine Beacon設定をしており、それとLineボットが紐付いて、Beacon leaveメッセージが届くようになっています。 MESHからの情報や、天気予報、スマホのGPSとも連動し、IFTTTを介して、Line Notifyでこのボットに情報が届くようになっています。 とりあえず再度詳細はこちらKobots.net! ↓ ボットの友達追加もよろしくお願いしま~す ↓

Line Chat Bot チャッと議事録ボット

意識高い系、ヴィジョン先行型のリーマンの皆様に朗報です! 今時、英語のミーティングとか中国語、はたまた日本人だけで話したのに英語で議事録書かなきゃいけない時ありますよね? イケテル皆さんならチャチャッとソッコーで議事録作っちゃうでしょうが、それをほんのちょっとだけお助けするビジネスパーソン向けボットができました。 まずはこちらのビデオを見てくださいね。 使い方は簡単、ミーティング中に書いたボード又は自分のメモを 書いたものの写真をとってアップ、 下のようなホワイトボードのミーティングの内容、または普通にメモ帳にとった内容、よくありますよね(きたない字ですみません。。)。 これをLine下の+ボタンから、写真撮影、又は予め撮ってあったものをアップロードします。 すると、、まず魔法のように書かれた文字がテキストに変わります。これはこれで英語の議事録作成の助けになりますね。    そして更にすごいのは、 そのあとに「議事録」と入れると、、、 なんと日本語に翻訳され、更に議事録形式になって出てくるではありませんか!   この後は、これをコピーしてメールに貼って更に編集するなり、またはラインでそのまま連絡先に送ることができます。 お次は日本語で書かれたメモ。 これもLineに取り込んで、、、今度は「ミニッツ」とか「英語の議事録」と入れると、ホイ!どうでしょう?見事英語のフォーマットのミニッツになりました。 他にも「中国語/韓国語/ヒンディーで議事録」などと入れると、マジカルにそれぞれの言語での議事録が自動でできちゃいます! 今すぐ、今朝のミーティングから使えるので、試してみて!(今朝できたばっかなので、精度、秘密な内容、その他自己責任でお願いね!) 他にも面倒な板書もチャチャッと! 例えばこんな黒板に書かれている文字を写真に撮ってアップしてみましょう。 「雨ニモマケズ」縦書きがいいですねえ。。果たしてこれを上手く読み取れるか!?   さてどうでしょう。ちゃんと縦書きもうまく横書きのテキストになりました。 さらに、「英語に翻訳」と入れるだけで、雨ニモマケズの英語版の出来上がり(ちょっと精度はGoogleくんの頑張り次第。。) これって、ちょっと学校での勉強の仕方が変わっちゃいますよね。 更に旅行で使って便利 そして更に旅行中、どうしよう言葉が分からないという場面でも、まずはアップしてみましょう。 これ、どこの行き先かわからない。なんて書いてあるんだろう。。 おっと、深センまでの列車のチケット売り場でしたね。 旅行中もお助けになること間違いなし! さてどうだったでしょうか? とりあえず当分フリーだけど、 マネタイズ方法確立し次第、又はこれの事業化を本気で(セキュリティなども含めて)一緒にやってくれる方が出次第、ビジネスにならないかな~。 とりあえず、友達になって!よろしく~

Line Chat Bot 神采配のサイちゃん

神采配のサイちゃんは、LINEに住んでいる神様で、お店の予約や今日の晩御飯などを話しかけるだけで、めんどくさいことをチャッチャとやってくれるチャット・ボットです。 チャット・ボットって何?という人は、ようはLine上に何か話しかけたら自動で答えてくれるコンピューターのロボットがいるみたいなものです。ロボットですが、普通の人のように友達としてLineの中に追加することができます。 実際は10以上のAPIを組み合わせることにより、様々な質問、会話をしてくれます。 リクルートのじゃらんAPIからホテル、旅館情報 ぐるなびAPIからレストラン、グルメ情報 楽天レシピAPIから、レシピ、献立情報 Docomo APIから、発話理解、トピック検索、質問Q&A、そして雑談API そしてもちろんGoogle APIから、画像処理、カレンダー取得、マップ取得、自然言語処理など 使ってみてください! ↓ まずは、こちらから友達追加してくれるとうれしいです ↓ まずはこちらのビデオを見てくれると、ざっと流れが分かります。 サイちゃんの便利な使い方 サイちゃんと友達になったら、なんでもいいので話しかけてみて!  あいさつや雑談に適当に答えてくれるよ。 ”今週の予定”と聞いてみると、ごみの日(今のところ世田谷区だけ。拡張予定です!)とその日の天気を教えてくれます。   ”今日のニュース”やスポーツや経済のトピックなどもスラスラ言ってくれるし、プレミアムフライデーとかも教えてくれる。 ”2月29日”や”今日”などと入れると、今日は何の日か答えてくれて、その日の話題になりますね! そして最も得意なのがグルメな話題。神采配を発揮します。    設定(スペース)会社(スペース)秋葉原、などと会社や家を登録しておくと、”会社近くのラーメン屋”でおススメのお店を提案してくれます。 それとも家にある食材で料理する時は、レシピ教えて、で人気のレシピを探してくれます。 他にも色々な機能があるので、話しかけてサイちゃんの神采配を試してみて! グループでもっと楽しい、便利なサイちゃん グループでワイワイ話している時、何人かが「焼肉行きたい!」と言っていても、誰も仕切ってくれない時ありますよね。そんな時は、1:1でサイちゃんに話しかけるだけでなく、グループの中に新しい友達としてサイちゃんを入れてあげて! 「焼肉」などの言葉が何回か出てくると、それに応じて、「恵比寿の焼肉屋」などを勝手におススメしてくれます。 あとはそこから選んで、電話で予約するもよし、行き方などもすぐ調べる事ができます。 温泉の話題が何回か出てきたら、いい感じの温泉旅館も提案してくれるよ。 何度か出た場所名を覚えてくれます 恵比寿いいよね、恵比寿好き、など何回か話に出てきた地名を、オフィス、家、又はお気に入りの場所として登録できます。その後、家から赤坂への行き方、や、オフィス近くのラーメン屋、など簡単にサイちゃんに聞くことができるようになります。           日曜の午後の不調な会話もこれで解決 日曜の夕方、晩御飯どうするかで、迷ったりしませんか? そんな押し付け合いが何回か続くと、サイちゃんが優しく、余ったほうれん草でこんなレシピはどう?と采配してくれるので、夫婦喧嘩にならずに済みます! いつでも、ヘルプ、と言えば使い方を教えてくれます。 さて、神采配のサイちゃんどうでしょうか?皆さんの友達にして、楽しくボット生活送ってみて下さい! ↓ こちらから友達追加してくれるとうれしいです ↓ 技術的な詳細はこちら まずは、Lineが出している、Line Messaging API とそのBot SDKを見てみて下さい。 このSDKから数多くのAPIを呼んでいます。その中でもキモとなるのが、入力された言葉に応じて、意味合いを区分けするDocomo 発話APIが秀逸でした。 その発話APIで分けられた話の内容と言葉に応じて、個別のAPIを呼んでいます。 「焼肉食べたい」「ラーメン屋教えて」などの食べ物の話題では、その食べ物と場所をぐるなびAPI に渡しています。 「金沢に行きたい」「温泉いいよね」などの観光情報では、それをじゃらんAPIに投げて、ホテル検索しています。 […]

2016 Gadgets Awards

2016年(勝手な)ガジェット大賞! 今年も自分で買った、これは使える!から、あらら残念、果ては、未来過ぎてまだ早かった!ものまで、2016年のランキングです。 ちなみに勝手なランキングを過去三、四年やってる気がするのですが、ログとしては、 2014年は、Google AutoAwesome, Surface Pro, Line Stamp Markeでした。 2015年はソニーのMESH!でした。 という事で、2016年は、、、 ところで、皆さんKickstarterって知ってます? 使っている方は、もう古いよ、と言うかもしれませんが、2016年私が買ったものはほとんどここからでした。もうアマゾンやビックカメラなどに魅力的なものはなく、買う気がおきません。 私の中ではキックスターター経済が回っています。 http://Kickstarter.com は元々、アートや映画など資金がない個人が、それに賛同する人達からお金を集めて、何かを作る、いわゆるクラウドファンディングの先駆け。その後、電子機器やIoTの流れに乗って、個人(又は小さな会社)が作ったものを世に出す機会になり、 キックスターター長者(又はキックスターター倒産)などが生まれました。 私は、2014年くらいから面白いプロダクトはないかと、時々覗いていて、良さそうなものに出資(というか先行オーダー)していました。 もちろん、まだどこにもない、ほとんどアイディアだけのものもあるので、お金を入れても、期日通りなかなか届かない(通常数ヶ月遅れるのは当たり前)、生産に至らない、果ては倒産、又は他から買収、なんてのもあって、変なものにお金を出したくない人にとっては、意味がないものかもしれません。 ただ私は逆にそれがやめられない。スウェーデンやアメリカの片隅で、名も知らない若者グループが一生懸命作っていて、時々防水テストが上手くいって予定通り届けられそうだよ!とか、最後の最後で致命的な生産ミスがあって、もう一度作り直している、1ヶ月だけ遅れる、とか、そういう生々しいメールが忘れた頃にやってきます。そういう、一緒に作っている感、何か応援したくなる気持ちも込めて、 本当にこれ届くんかなという嫌疑と共に生暖かくキックスターター使っています。 そのキックスターターで買ったモノ達の中でも(未だ発送待ちのものもあります)、2016年は様々な事がおきました。ということで、2016年のガジェット大賞はキックスターターで買ったこのモノ達! そのストーリーにも注目です! それでは、2016年ランキングの5位から #5 Narrative (自動撮影カメラ) こちらは2016年に買ったものではなく、2014年のランキングに書いたものですが、服やバッグなどに付けておくと30秒に一回写真を撮ってくれて、大事な瞬間を逃さない、思い出を記録し続けてくれる小型カメラです。 ですが、、、その時のレビューにも書きましたが、付ける位置が難しい、ある一瞬を撮れたとしても画像、画角がイマイチ、大量に撮れ過ぎて整理出来ない、などちょっとトホホな製品で、故障した後長らく使っていませんでした。 そして、突然のメールが、、、 あらら残念、2016年の10月末で製品もサービスもやめちゃうみたい。。ウェブにアップされた写真をダウンロードしておかないと、その日以降はサーバー無くなっちゃうし、会社も倒産しちゃうみたい。。 まあ、もうほとんど使ってなかったので、どうでもよかったのですが、まあ写真は削除しておこうかなと思っていました。 そこにシャットダウン翌日にもう一通のメールが! 新たな買い手が現れて、サービスを止めないで済んだ。我々現マネジメントチームは去るが、皆さんに迷惑はかけずにすんだ。ありがとう!みたいな。。 まあ、でもよかった。このスウェーデンかどっかの若者たちは、プロダクトも作ったし、約2年頑張ったけど、何らかの理由で立ちいかなくなって、ギリギリの所で他の買い手に引き取ってもらった、みたいな。 こんなストーリーがリアルタイムでみれるのも、キックスターター製品のいいところ?ですね。 それにしても、ちょっと身につまされます。。 というか、長くなり過ぎたので、頼んでも届かないキックスターター残りのベスト4は次の記事で書きます! メリークリスマス!

Line Bot API in 5 mins

今話題のLine Bot APIを使ったBotを5分でつくる方法です! まずはこのページからLine Business AccountとAPIの使用を始めます。 https://business.line.me/ja/services/bot 必要情報を入れて、新しいBotを作ります。 設定はこのような感じ。 そしてLine Developerサイトに移り、Access Tokenを確認します。 そしてこちらのGitサイトから、デプロイを行います。 と、その前に、http://heroku.comでアカウントを取っておくのを忘れずに! その後、以下の項目を入力します。TOKENには先ほどのLINE Tokenを入力します。 その後、数秒でデプロイ完了! そうすると、このようにLine BotとGit上のソースコードからHeroku上で動くアプリと連携がとれます。 その後はhttp://github.comに移ります。