KPY1

はい、吉田です。ただいま留守にしています。 メッセージを残してもらえると、、、、 「ごめん、ごめん、今帰ってきた、どうしたの?」 ショーは急いで受話器をとり、あわててしゃべり出す。 『なにがどうしたのよ!?今から開会式でしょ、テレビ見ている?』 ガールフレンドのマイが不満げに応える。 そうだ、今日は東京オリンピックの開会式の日だ。2020年7月24日、全世界が今、東京に注目している。 ショーはおもむろに、小さなマウス型のデヴァイスに指をかざす。 そうすると自動的にリビングの電気が付き、いつもの様に、お気に入りのテレビ番組が勝手に付き(といっても今日は全ての局がオリンピック1色だが)、そのマウスが話し出す。   ~ ショーさん、おかえりなさい。今日はいかがでしたか?ミーティングが四件と締め切りが一件あったので、お疲れでしょう。 ~ 今日のヘッドライン・ニュースを読み上げますか?おっと、今日はオリンピックの開会式でしたね。今日のトピックは、全てスポーツ関係で、、、、   2017年7月24日、ちょうど3年前のこの日、Kコーポレーションから発売されたマウス型のAIアシスタント~ピイ/PYにより、全ての人の生活は激変した。   その白くツルっとしたデヴァイスに指をかざすと、生体認証により、その本人を認識する。 その人のプロファイルから、名前、性別、歳、好みなどにより、様々なサーヴィスを音声で自動的に提案してくれる機械だ。   情報から最適なものを出してくれるだけでなく、AIにより、その人の趣向にあったものを日々学習し、賢く話してくれる。 日々の声を聞き、それを蓄積し、声紋や話の流れ、口癖なども覚える。 ショーは、さえないIT系のサラリーマンだが、そんな賢いAIが、ITやプログラミングの世界からも仕事を奪っていっている。 しゃべるだけでコードを書いてくれたり、またはAI自身がよりスマートなプログラムに自動的にアップグレードされたりする。そんな世界がもうそこまで来ていた。   そのAIデヴァイスのピイは、カメラも内蔵しており、そこから顔の表情、顔色、雰囲気を読み取る事もできる。 例えば、触れた指から、体温、心拍数、汗の量などを読み取り、声のトーン、顔色から、 ~ 少し顔色が悪く、微熱がありますね。お疲れでしょうから、今夜はあっさりした夕食を摂って、早めに寝て下さい、などと言ってくれるのだ。 「はいはい、ピイはなんかお母さんみたいだなあ。わかったよ、今日は冷凍の山菜うどんにするよ。」 「ピイ、山菜うどん、温めておいて」 ~ はい、ショーさん。おうどんが好きかと思って、もう準備しています。30秒後に電子冷蔵レンジを覗いてみて下さい。 「さすがピイ、気がきくなあ~」 『ショー、何をぶつぶつ言っているの!もうすぐ聖火が灯るわよ!』マイが叫ぶ。 2020年、二回目の東京オリンピック。東京の新国立競技場にもうすぐ聖なる火が灯る。     その同じ瞬間に、ショーは新国立競技場の中にいた。 オリンピックの為に集まった世界の要人を、シークレット・サービスとして警護しているのだ。 実はこのオリンピックの開会式にあわせて、テロの兆候があった。 この最高の舞台で大惨事を起こさせてはならない。一般人の姿で、競技場の中、要人の座るレセプション席の周りを歩きながら、目を光らせているショーであった。     さきほどの自宅で電話に出たショーと、シークレット・サービスのショー、どちらも同一人物である。   どういうことか。   それは、あのKコープが開発したAIデヴァイス~ピイだけがそれを知っていた。     Too be continued…

3倍人生 – 楽しい事はいっぺんにやってくる!?

私はいつも、たくさんの事がいっぺんに興味があって、色々やってしまうのですが、たまたまそれらが重なってしまう時があります。 2016年の今頃もそんな感じで、その一週間は、 5月の最後の週にMaker Faire Bay Areaがあって、サンフランシスコにいたと思ったら、 その週末土曜日に子どもの運動会があって、それの為ギリギリに日本に帰ってきて、 運動会の後、すぐに成田に向かって、妹の結婚式に出る為にトルコのイスタンブールに行く、 というクレイジーな1週間がありました。 そして、今年2017年6月の最後の週もそんな感じ。色々な3つの事がいっぺんにやってくるという、人生3倍楽しめる(?)週になりました。 まず、今連載しているデバイス・プラスの記事の締め切りがあり、 8月のMaker Faire Tokyoのかなり大規模なイベントのプロトタイプお披露目会の主催があり、(あとMaker Faire NYCの申し込みも) そしてこの6ヶ月やってきたTech Lab PaakのOpen Day(デモ・デイ)が金曜日にある、 というこれまたキツい1週間。(ぜんぶ仕事以外ですね、スミマセン。。) ちなみにそのデモ・デイの模様、記事にしてもらいました。言いたい事は全部言ったはず。 ちょっとウケて、嬉しかった。 スライドはこちら: Kobots/コボット コネクト、カスタマイズ、ロボット from Kenichi Yoshida プレゼンの模様はこちら(本間さん、撮ってくれてありがとう!)みんなを楽しませられたかな。 Tech Lab Paakで、賞はもらえませんでしたが、本当に最高の6ヶ月とデモ・デイでした! ということで、まったくまとまりがありませんが、そんな色々な事をいっぺんにやっています。 そのどれも儲かるわけでもなし(記事は出稿料を頂いていますが)、時々何の為にやっているんだろうと思ってしまうのですが、たまたまその週に素敵なジャージーを着た人を見かけました。 Too fast to live 生き急ぐな Too young to die 死ぬには若すぎる 直訳すればこのような感じだし、自転車乗りにはまさにうってつけの言葉でしょうが、その時の私には、 命短し、恋せよ乙女 的な、やれることはとにかく今やっちゃおう、後悔するな、というような言葉に響きました。 他に、村上春樹が自分の自転車に名前をつけていて、それが 18 ‘til i die というのも思い出しますね。「死ぬまで18歳」 まあ気持ちはいつも18歳のまま!後悔せずに、やれることは何でもやって、人生2倍も3倍楽しめってことですね。(違うか。。)

オープン・イノベーションってうまいの?食べれる?

この6ヶ月間で私のおしゃべりロボットKobots/コボット君が、驚異的に成長してくれた事は前回話しました。 では、この進化が起きたのは何故でしょうか? GoogleとAmazonとハードウェアの進化、低価格化(これらがすべて動くRaspberry Pi Zeroという基盤はたった$5です。)なのは、本当はホントなのですが、ちょっと違います。 オープン・イノベーションのおかげ、というのが私の本当の気持ちです。 私は、2017年1月からの6ヶ月間、リクルートが主催するTech Lab Paakという、渋谷のアップルストアの上にある素敵なラウンジとオフィスを使う事ができるプログラムに参加する事が出来ました。 まあようは、居場所ができた、という感じです。(私は、普通のサラリーマンで、仕事オフィスは丸の内にもちろんあるのですが。。) この居場所に、多様な人たちが集まった場、それ自身がオープン・イノベーションだと思います。 じゃあそれは具体的に何なのか、というと、、、 それは、言葉です。 この6ヶ月交わされた幾つかの言葉をあげてみます。 それ面白いね、ただそのスピード感じゃ、あっというまに中国にパクられて、まったく儲からない値段まで下げられるよ。爆速な仲間見つけて一気にやらないと。 という言葉に、焦りを覚えたり、 Google Cloud Vision凄いですよ、今まで自分でAIやってきたのが馬鹿らしくなったんで、それそのまま使ってます。すぐ使えますよ~。 日本語なら意外とDocomo APIいいですよ! という言葉に、あの人が簡単っていうんだから、やってみよう、と気持ちが軽くなったり、 クラウド・ファンディングは枯れた技術でやらないと。基盤も外装も既製品でやれば、メンテフリーだし。 というのに、勇気づけられたり、 え、そんなはした金で、株半分あげるって約束しちゃったの?ぜったい10%以上握らせちゃいけないよ という、恐ろしい実体験を心に留めたり、 その何気ない話が、まさに次のイノベーションを生んでいっている、と本当に思います。 これは、数値化したり、で、結局何が得られたの?と言われると、とても難しいのですが、あの場がなければ、絶対にこのコボット君の成長はなかったと思います。 もちろん、会社終わった後、自転車で渋谷に来て、夜8時から10時までパチパチ、パソコン打って、何ができるのか、と思っていた人もいるかもしれません。 でも、その2時間が最高にクリエイティブで凝縮された時間でした。 (これはサラリーマン利用者の勝手な見解です。。朝からちゃんとやってた人の方がもちろん生産性は高いですよね。)   前回の娘の漢字の話に戻せば、小学校が始まって、クラスでこの漢字を練習して覚えてくるように、と教えられてはいるのですが、その過程で、彼女も漢字に興味をもったようで、漢字の象形文字としての面白さやその由来、面白漢字辞典のようなものを買って、本人なりに楽しく学んでいるようです。 またもちろんクラスで、あの子は漢字テストいつも100点だけど、どうやってるんだろう?と友達のやり方に興味を持ったり、切磋琢磨しているようです。 そうですね、学校も上から下に教える、という部分を除けば(それがほとんどでしょうが)、オープン・イノベーションの場なのかもしれません。   渋谷のあの場所と皆さんと一緒に、コボット君はもとより、私も成長させてもらったと凄く思います。 こちらは、2017/6/30のTech Lab Paak Open Dayのオープニング・ムービー(私が作りました!写真使って欲しくなかった人はゴメンなさい!) Tech Lab Paak最高でした!ほとんどの参加者は、20代や学生が多くて、私はだいぶ恐れ多い(日本語あってる?)気がしてたのですが、みんな付き合ってくれてありがとう!Paakのサイダーとコーヒーとオレオが僕のエネルギー源でした。 結論は、オープン・イノベーションはおいしい! またね!