Kobots (3.5) 500ドル・パソコンから5ドルAIへ

当時私は、渋谷の本屋で立ち読みしていました。 私は(今もそうですが)特に何のとりえも無く、就職先探さなきゃなあと漠然と不安を抱えていた学生でした。その時に何故か手に取ったのが、マイクロソフトやアップルをなぎ倒す革新的企業がある、というような本でした。 そこにはこう書かれていました。 500ドルのパソコンが世界を変える ふーん、パソコンの値段が変わると、生活ってそんなに変わるのかなあ。当時は、時々学校に行って、そこにあるパソコンをさわれれば、それであまり生活上困ることはありませんでした。 そしてその時、構想されていた(実際の出荷はどれだけあったんだろう。。)500ドル・パソコンのスペックはこのようなものでした。 CPU: Intel80486(クロック数100MHz)、メモリ: 8MB、ネットワーク: 64 – 128 kb/s 当時(1995年)に一般的だったパソコンは、Pentiumの200MHzで価格は30万円ほど。確かに値段は画期的でしたが、500ドル本当にできるんだろうか。そもそもそんなにコンピューターって必要なんだろうかとも思っていました。 そして2016年に発売された Raspberry Pi Zeroの価格は$5、CPUは1GHz 当時考えられていたぎりぎり500ドルでできるパソコンと比べると、20年で価格は$500→$5で1/100、性能は100MHz→1,000MHzと10倍になったんですね。Raspberry Piの場合、メモリは別で用意するのでもうすこしコストがかかりますが、当時8MBのメモリは1万円くらいしましたから、今は8GBで500円くらいなので、性能は1000倍、価格は1/20というその進化もすごいですね。 またサイズも、当時のPC-98は50cm四方ほどの大きさだったのが(これはあまり今も変わらないですね)、Raspberry Pi Zeroは1 cm × 5 cmほど。 何が言いたかったのかというと、ある一定の価格とサイズが小さくなると、それは生活の中にあまりに溶け込んで気づかないくらいになる。その流れを見通すのが大事なんだな、と。 当時は、研究室や会社に鎮座していたコンピューターが、今やその何倍もの性能のものがそこかしこにある。 ネットワークやAI機脳備えたロボットのようなものが生活に溶け込む。これをおさえない手はないですよね。 これを最も上手くやったのが、当時は最も潰れそうだった会社Appleです。 Appleも色々試行錯誤して、当時は話題だったこんなNewton(1995年当時、価格は1,000ドル以上、大きさはiPad Pro並み)という端末を出したり、Appleを追い出されたあとのJobsが立ち上げた会社NEXTは500ドル・パソコンに近いものがありました。 しかしもちろん皆さんご存知のように、最大の変革は、iPhoneを世に出したことでしょう。 iPhoneの凄さは、 子供から大人まで全ての人にUNIXコンピューターを配った ということではないでしょうか? では、これからの変革は何か?このRaspberry Piのようなものが全ての人に行き渡ったら? そもそもこのRaspberry Piはハードだけでなく、ソフトウェアの進展が目ざましいのです。 この小さな板の中に何が入っているのでしょう? それは、人の顔の写真を撮って、誰だか認識する機能であり、 もっと具体的に言えば、Google画像検索とAmazon言語認識と、分からない事を聞けばすぐに答えてくれるインターネットの全ての知識に繋がっているのです。 つまり、 全ての人が自由に使えるAIロボットを配ったら これで世界は変わるでしょうか? まずはやってみましょう!

Kobots (3) KoBrain – Raspberry Piで画像認識、お喋り機能

Kobotsの作り方第三回、KoBrainロボットの頭脳部分です。 Kobotsって何? KoBlock – Wio Nodeを使ったロボットの手足の作り方 KoBrain – Raspberry Pi Zeroを使ったロボットの頭の作り方(この回) KoApp – アプリを使って、ロボットの動き、しゃべりのカスタマイズの仕方 Kobook & Future – 今後の応用、展開について Raspberry Piで画像認識、お喋り機能を作っていきます。 KoBrain部品 フリスク空き箱 200円 Raspberry Pi Zero 約800円 Micro SD 8G 約1,000円 Raspberry Pi Zero Camera 約2,000円 (又はPi Zeroカメラケーブル+Raspberry Pi Camera 約3,000円 ) Raspberry Pi Zero USB拡張ユニット 約1,200円 (又はマイクロUSB拡張ハブ 約1,500円 ) Wifi USBドングル 1,000 – […]

Kobots (2) KoBlock – Wio Nodeを使ってロボットを動かそう!

Kobots作りの第二回、まずは手足、ボディとなる部分を作っていきます。 Kobotsって何? KoBlock – Wio Nodeを使ったロボットの手足の作り方(この回) KoBrain – Raspberry Pi Zeroを使ったロボットの頭の作り方 KoApp – アプリを使って、ロボットの動き、しゃべりのカスタマイズの仕方 KoBook & Future – 今後の応用、展開について ロボットの手足、ボディとなるKoBlock(コ・ブロック) このKoBlockは、マイコンとしてArduino互換のWio Nodeを使っています。1個のフリスクケースにWio Node1つ、サーボモーター2つを入れて操っています。 KoBlock部品 必要な部品は以下のようなものです。それぞれ、秋葉原の千石電商などで買う事ができます。リンクがついていますので、必要に応じて調達して下さいね。 フリスク空き箱 1個 200円 サーボモーターMiniS 約900円×2個 WIO NODE 約1100円 リチウムポリマー電池 約1,200円 磁石×2個 100円 (切り替えトグル・スイッチ 100円) 2mmのねじ等 100円 トータル 約4,500円   KoBlockの作り方 上記の部品をフリスクケースに入れていきます。 まずフリスクケースをこのようにカットします。横に2 mmのネジが通る穴を空けます。(ケースの裏側の方を使うと、横にサーボモーターをネジ止めしやすいです。) フリスクケースは、このサイズのサーボモーターやWio Nodeがぴったりはまる大きさになっていて、ちょうどいいですね。 プラスチックの素材も、大き目のカッターやはんだカッターで切れ、かつ耐性もあってちょうどいい固さです。   その中にサーボモーターを横にはめていきます。2 mmのネジで留めます。 反対側にもサーボモーターを付けます。 […]

Kobots (1) フリスクとWIOとPIをコネクトさせて本格的なコミュニケーション・ロボットを作ろう!

こんにちは!ヨシケン、こと吉田顕一です! 私はロボット作りが好きですが、あまりスキルが無いので、”ありあわせのモノ”で作るのを信条としています。 Kobots – Konnected to Everyone from Kenichi Yoshida これから何回かに渡って、どこにでもあるフリスク・ケースを使って、また今やどこでも買えるArduino(互換のWio Node)とRaspberry Piを使って、動いて、喋って、人を認識して、便利に使えるロボットを作っていきたいと思います。 Kobotsとは 私は元々、コドモでも、色々なモノとコネクトし、コミュニケーションも出来るロボット、Kobot (コボット)を作っています。 そんなKobotは、体を構成するKoBlock、頭脳のKoBrain、それらを操作するアプリKoAppから成り立っています。 KoBlock ロボットのボディ: フリスクに手(又は足)がついて、Wio Nodeにより、動かすことができます。SeeedのGrove互換なので、温湿度センサーや、赤外線送受信器なども追加して動かすことができます。このブロックを幾つか組み合わせるとロボットの胴体や脚などになります。 KoBrain ロボットの頭脳: フリスク一つ分の中に、Raspberry Pi Zero、カメラ、マイク、スピーカーなどが詰まって、ロボットの頭脳の役目をします。カメラにより、人の顔、風景、文字などを読み取り、マイクにより喋り声を認識し、お話が出来たり、今日のお天気や予定、便利な情報などを教えてくれます。 KoApp ロボットをカスタマイズするアプリ: 手足の動作や、リモコンの指令など実際に動くものをアプリ上のドラッグ&ドロップだけで、レゴのように組み合わせて、追加、変更などができるようにします。数多くのAPIやAIの機能なども、アプリから簡単に組み合わせられて、子供でも簡単にプログラムが学べるようになっています。 で、何が楽しいの? 何かボロッちいフリスクケースと、何ができるか分からないロボットもどきという事で、興味が湧かないかもしれません。 IoTとか、プログラミング教育とか、AIとか、なんとかかんとか、あまりに情報が溢れすぎていて、ちょっとついていけない、と思っている方も多いでしょう。 ただこのKobotsは、数千円を出すだけで、自分の手で、今話題のあれやこれやが作れるかもしれない、とりあえずやってみよう、という気持ちを起こさせる一助になればなあ、と思っています。 ということで、このKobotsを作ってみると、どんないいコトがあるかというと、、 IoTがわかる – ロボットの両手、両足を動かす仕組みが分かる。DCモーターやサーボモーターの使い方が分かるようになります。LEDの光らせ方や、温湿度センサー、人感センサー、赤外線送受信などのやり方が学べます。 Arduinoの使い方がわかる –  Arduino互換のWio Nodeの使い方、信号の出し方など知る事ができます。これをPythonプログラミング、又はArduino IDEを使って操作する事ができます。 Raspberry Piの使い方がわかる – Raspberry Pi Zeroを使って、この$5で買えるミニマムなコンピューターで何ができるのかが分かります。Pythonプログラミングを学ぶ事ができます。 APIの使い方がわかる – 数十もの外部プログラミング(API)を組み合わせているので、その使い方がわかるようになります。インターネット上の豊富なリソースを使った、これまでにない新たなモノを作ることができます。 カメラ、音声の扱い方がわかる – Raspberry Piを使ったカメラ、動画の扱い方、そして声や音楽などの音声の扱い方が分かります。 AI、自然言語、画像解析がわかる […]

ひとりモノ作り最後のハードル?Kicadで基板設計習ってきた

今まで2年程ひとりで、モノづくり、IoTをやってきました。 何も知らないところから、ArduinoやRaspberry Piの使い方を学び、IDE、PHP、Pythonでプログラミングし、3D CADで3Dプリンターのデザインをし、レーザーカッターで外装を作ったり、UVプリンターで金属にプリントしたり、ソフト、ハードの一通りの事を実践してきました。 そして、今までけっこう避けて来た、最後の(?)ハードル、基盤の設計を学んでみました。(本当は最後の大御所の金型、というのもありますが。。) 基盤の設計って何のためにやるの?という人。その気持ち分かります。イマドキは、Arduinoとブレッドボードさえあれば、基盤まで作らなくとも、たいていのものは作れてしまいます。 ただ自分独自の形のモノ、なるべく小さいモノを作りたい、既製品にはないこんな機能を盛り込みたい、という方はやはり、自分独自の基盤を設計して、発注してこそ、シンのモノづくり、IoTerではないでしょうか? だって、初音ミクの形したArduino互換作りたいじゃん、まあ、そんな感じです(私もよく分かっていません。。) ということで、IoTLTののびすけさんのご紹介で、わみさんの 「Kicadを使った自分だけのArduino基板作成」ハンズオン に参加してみました。 会場は、秋葉原と御徒町の間の2K540という高架下の施設にあるCafe ASANさんを借りて行いました。 中ではこのような感じ。参加者は7人(チーム)の方々、とわみさんとのびすけさん。 では、始めていきましょう! 今回は、CADソフトは、Kicadを使います。 基盤設計で有名なのは、Eagleソフトウェアですが、Kicadは完全オープンソース、無料です。 そして、IoTとは切っても切り離せないArduinoの互換機を作っていくというものです。 設計の流れはこんな感じ: サイズや機能の決定 必要な部品を選択する 必要な部品に合う回路図を作成 回路図から配線図を作る (発注) では、最初からやっていきましょう。 1. サイズを決める。 ひとつ、5cm*5cmで$5、10cm * 10cmで$14くらいだそうです。 2. Arduino Unoなどを参考に部品を決める←かなり重要! CPUはATMega328p、FT232RLのシリアル変換、USB端子、ボタン、抵抗など。 必要な部品を選択する時に、できるだけ入手しやすいところで販売しているものを選ぶ。 DIP(部品に足がある。はんだ付けが簡単だが、かさばる。)、SMD(部品に足が無い。小型にできるが小さくて大変。)もよく考えておきましょう。 3. 回路図を書く(結構長いです) 色んな書き方がある。ごちゃごちゃしないように。 さあでは、回路図をKicadで書いていきましょう! まずはこちらからKicadをダウンロードして下さい。http://kicad.jp/ インストールが終わったらKicadを立ち上げて、新規プロジェクト、又は既存のプロジェクトを選びます。 今回は、Arduino互換機の為のあらかじめ用意してもらったプロジェクトを使います。 プロジェクトを取り込んだら、「回路図エディタ」を押して、回路図を開きます。 あらかじめ用意してもらった回路図ですが、開いてみることができます。 右側の「緑のライン」から、1と23の間など、回線をつないでみましょう。 次に右側の「コンポーネントの配置」から、追加したい部品を選びます。 今回はまずLEDを選んでみましょう。抵抗もあります。   さて、配置が出来たら、上の「アノテーション」を選んで、回路の順番付けを行います。 さらに、上のテントウムシの「ルールチェック」を選んで、エラーがないか確認します。(この場合はいくつか接続されていない回路がありますが、ここではこのまま先に行きます) 更に上の「ネットリスト」からこの書式をネットリストとして保存しておきます。   4. 回路図から配線図を書く […]

MESH IT POSSIBLE for OTAKU

MESH changed the world. In a summer day of 2015 at Tokyo I happened to meet MESH, IoT toolkit produced by SONY, by chance. Then my life is completely changed. It says anybody can be an inventor. Yes, in a year or so I can make lots of things connected to Internet easily with MESH […]

Maker Generations

親子孫三代ものづくり魂 「人間はこんなに簡単に歩けるのに、ロボットはまだ二足歩行できないんだ。」 当時小学生だったら私に、機械科の教授だった父は言った。 それから私のロボット作りが始まった。 放課後や冬休みに、ダンボールやかまぼこの板にモーターなどを付けて、何とか動くものにした。しかし専門家だった父は、アトムのようなものを作ってみろ、と厳しかった。 それが子どもだった私には叱咤激励には聞こえず、いつしかロボットへの興味は薄れていった。 その後、大学に進むも、反発からか就職先はメーカーを選ばなかった。 そんな私にも男の子が生まれ、小学校に上がった頃だった。 子供の教育にも役立つからと理由をつけ、二人でまたロボットを作り始めた。 そしてそのお披露目の舞台、メイカーフェアに子供と出展した時だった。 どこで聞きつけたか、父がふらっと会場に現れた。 「ついに歩けるようになったじゃないか。」 親子孫三代のものづくり魂が受け遺れた瞬間だった。  

Mashup Awards

結局Mashup Awards 2016には計3回&CEATEC展示もさせてもらいました! その怒涛の数か月を振り返ります。 CEATEC 2016 Exhibition (2016/10/4) CEATECはアジア最大の家電見本市。こんな感じで大メーカーの派手な展示が並んでいます。 そこに、個人の作品群を展示する一角が! リクルートのMashup Awards出展予定作品として、展示してもらいました。 メーカーなら数十万円する出展料も、個人メイカーならタダ!リクルートに感謝すればいいのか、総務省(から特別枠をもらったようです)サマサマなのかわかりませんが、いい経験ができました! のちのちこれがMashup Awardsと長く付き合う羽目に。。 Mashup Awards IoT Competition @Apple Store Shibuya そもそもMashup Awardsというのは、リクルートが主催し、大手ソフトウェア、ハードウェアメーカーが公開しているAPIを使って、何か面白いものを作って競い合おう!というコンテストです。 賞金総額は500万円、今年で11年目になり、毎年の優勝者はメディアからも注目されるなかなか目立つイベント。 その中のIoT部門決勝がアップルストアの上、六階にリクルートが運営するTech Lab Paakで開催されました。   Mashup Awardsの中で、IoTに関するもの11作品が選ばれて、そのNo 1を決めます。勝つととりあえず10万円、そして全体のファイナルに出る事ができます。 私の作品Kobots コネクトロボットは、一番最初! やっぱり緊張しちゃいますね これがコボットです! 組み合わせると、ロボットになって。。 絵を描くと動いて、しゃべる! スライドはこちら。 Kobots – MA16 IoT Final from Kenichi Yoshida 審査員の方に褒めてもらうも、結局優勝は真ん中の慶應大学の学生! 後輩ですが、テクニックはもちろん僕より上!ファイナル頑張ってね〜。 他の写真はこちらです。 Mashup Awards 2nd final @Tokyo […]

Voice from Tomorrow

最近すごいなあと思う若者達 に色々なイベントで会うことができて(って言い出すともうすっかりおじさんですね。。)、正直本気で影響を受けています! まず最初は、レゴれご団という、レゴ好きのおじさん達が子ども達に余ったレゴを放出してくれる、なんともありがたいイベント。 正式なホームページがどこか分からないので、開催時期、開催場所はいつも直前に風の噂で聞くのですが、たまたま幸運が重なって、何回か子どもと一緒に参加させてもらっています。 この日は、秋葉原の話題のメイカースペースDMM.Akibaで土曜日に開催していて、いつもものように子ども達がレゴで色々作っています。 そんな時、 高校生のレゴ好きな娘達がプレゼンをしてくれる というので、見てみました。 それが凄かった!かわいらしい今時の女子高生三人組なのですが(写真などは使ってOKという事なので、使わせてもらっています)、レゴでペットボトルからエコたわしを作る機械を作っています! 何でもWorld Robot Olympicの国内大会で優勝して、インドのデリーでの世界大会に出場予定とか! メインの動力は、レゴのマインドストームで使っているEV3を使って、自然由来のペットボトルをより分けるHaru(温)、そのペットボトルを細い糸状に裁断するTakumi(巧)、最後にそれをエコたわしの形に織るTsumugi(紬)の三つからなり、名前もイカしていますが作りも本物。そのうちHaruとTakumiがちゃんと動いて、ペットボトルがあっという間にポリエチレンの糸になるのを見せてくれました。 次は10月に開かれていたアジア最大の家電見本市に出させてもらった時。 大学生が作ったPetaPetaという、位置情報を使った新しい鬼ごっこを発明したという。 靴の裏に振動を検知するデバイスを付けて、走るとその情報がGPSで地図に載ってしまう。鬼から逃げるためにはなるべく走らず、こっそり移動、隠れるのがキモだとか。 走っちゃいけない、というのを利用して、防災にも役立てるという。 伊豆の下田市と協業で、防災イベントもやるとの事。 CEATECの初日に、リクルートがやっているMashup Awardsの展示に隣で出させてもらって、思わず色々聞いちゃいました。 大学生の頃から会社を作っているそうで、来年就職なんだけど、その会社どうするの?と聞いたら 兼業推奨の会社に入りました! との事、さすが! 本当に技術力も、志も高い学生、若者が多くて、頭が下がります。 翻って僕は学生の頃何やっていたんだろうと、何だか反省してしまいました。 そして、その縁で、11月にそのリクルートがやっているMashup Awardsの本戦に出る事が出来ました。 そこでも素晴らしい若者、しかも自分の大学の後輩に会いました!

Who are You?

If you ask me who you are, then I would say: I’m a drawer, 私は、絵描き、 a planner, and チェックリストもつくる、 a shopper. お買い物係。 I’m a designer, デザイナーであり、 a creative director, and クリエイティブ・ディレクターで、 a DIYer. 何でも手作り。 I’m a technical director, 私は、技術屋で、 a soldering technician, はんだ職人、 an electronic worker, 電気工、 Force Tank & Sho a mechanical engineer, メカ屋でもあり、 a software programmer, and プログラマーな、 […]