DIY AI Speaker – 3000円でGoogle HomeとAlexaを自作しよう!

2017年、AIスマート・スピーカーが話題ですね!

Line Clova Waveに始まって、Google Home、そしてAmazon Echo/Alexaなどが続々日本で発売されて、どれにしようか迷ってしまいますね。

ただ、各社のメイン機種で言えば、1万数千円でちょっと様子見している人も多いはず。

そんな中実は、GoogleやAmazonの音声機能はAPI化されていて、誰でも自由に作る事ができるって知ってました?

ここでは、週末の数時間程度で、数千円(3,000円から1万円いかないくらい)で、Google HomeやAmazon Echoと同等の機能を持つガジェットを作っていきましょう!


まず、

最も簡単にGoogle Home/Assistant機能を作る方法!

です。

最初にモノがないと始まらないですね。ちょっと難しそうに思えるGoogleなどのAPIも、小型LinuxコンピュータのRaspberry Piで動くようなパッケージが提供されているので、この安価で小さなコンピュータで、AIスピーカーが作れてしまうのです。

必要なものはこんなもの:

Raspberry Pi Zero W (約1,000円)

SDカード (500円から1000円)

Seeed 2-Mic Hat kit (約1,500円)

(その他、イヤフォン又はスピーカー、バッテリーやケーブル類などは必要に応じて)

1.1 Raspberry Piの初期設定

Raspbian OSのインストール

 

1.2 ハードウェアの設定

  • マイクの設定

 

  • スピーカーの設定

 

1.3 Google Assistantの導入

 

(1.5 ショートカット)

 

1.6 更にやりたい方は

 


次に、

Amazon Echo/Alexaの作り方

です。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *